作業者

ハチの中でもとても危険なキイロスズメバチ|早急に駆除が必要となる

ハクビシンの対策方法

イタチ

ハクビシン駆除が求められている背景にはハクビシンの環境の適応性が高いことが挙げられます。ハクビシンは田舎であっても都会であっても生息して多くの被害が出ています。たとえば、田舎であれば農作物の被害があります。都会であれば屋根裏に住み着いて糞尿の悪臭や雑菌の媒介などがあります。こうした被害を避けるためにさまざまな予防方法があります。たとえば、簡単に餌場を作らないことです。作物はすぐに収穫して畑に残したままにしないことです。また、ゴミはすぐに捨てて放置することのないようにします。あるいは寝床を作らせないことも予防になります。そのため、庭などの雑草を伸ばしっぱなしにしているとハクビシンの寝床になります。

ハクビシン駆除には忌避剤で留まらないようにする方法があります。ハクビシンはニンニクやオイルの臭いが嫌いですので、こうしたものを用意して住みにくくします。ハクビシン駆除の中で最も簡単な手段です。また、LEDライトがついている障害物も販売されています。ハクビシンは夜行性なのでハクビシンが出そうなところにこれを置いておくと光の乱射で非常に有効です。こうした対策でもハクビシン駆除ができない場合は最終手段として捕獲を行います。市役所にあらかじめ申請する必要はありますが、これが最も確実です。罠を使って捕獲する場合は狩猟免許が必要なので業者に依頼しなければいけませんが、巣全体を駆除してくれますので安心できます。